スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスキーエッジ

2010年07月17日 23:40

最終巻を読みました。
といっても僕は連載当時も読んでいたので、あらすじも知っていたし、闘牌も大体覚えてはいたのですが。


「反逆の麻雀」というサブタイトルの通り、主人公・吉岡光正が長い物に巻かれるのを潔しとせず、
次から次へと現れる敵を麻雀でバッタバッタ倒していく、ありがちなストーリー。

プラス、押川先生独特の闘牌シーン。
具体的に言えば、ノーテンリーチ、差し込み、出来メンツチー、意表を突く単騎待ち、リーチ棒や本場を含めてギリギリでまくれるような点差、etc・・

それらのテクニックは、鉄火場というかむしろ競技麻雀寄りの発想なのですが、心理描写を鉄火場のそれにすることによって、「根こそぎフランケン」や「ダイナマイトダンディ」などの作品では不思議と調和している印象がありました。
僕は多分本当の鉄火場を知らないのであくまで想像ですが。


このリスキーエッジでは、後半の闘牌は全て一発・裏・赤ナシのルールのもと行われました。
スポンサーだかパトロンがいる高レートの場で、

「実力が出やすいから」

なんて理由でわざわざルール変えますかね。どっちかと言えばスポンサーが見ていて興奮するような過激なルールになりそうですけどねえ。


なぜこんなルールにしたのか。
押川先生が競技麻雀好きというのもあるでしょうが、僕は主人公の設定によるところが大きいと見ています。

主人公の吉岡は、とにかく高打点を狙ってリーチを多用する打ち手です。

「リーチに踏み切る」

ということに重みを持たせたかったんだと思います。
裏ドラにチップがある麻雀だと、「そんなのもったいぶらなくてもリーチに決まってるしwwww」ってなっちゃいますから。
裏ドラもなく、ダマテンの効果が大きいルールにすることによって、吉岡のリーチが難しい選択となる状況を作り出しているのです。


それを踏まえても闘牌自体は全体的に単調だと感じました。
吉岡のリーチ攻勢に相手がフォームを崩して自滅、というパターンが多すぎます。

実際の最終決戦は吉岡と青柳の一対一のような状況でしたが、ある程度キャラクターの立った脇役も多少闘牌に絡まないとやはり単調になってしまいます。

そういう意味では鎌田やロバートといったクレバー寄りのキャラクターをああいう形で潰すのはちょっと勿体ないなあって思いました。


楊夫妻との絡みがいまいち少なかったのも消化不良でした。
ていうか、最終決戦で青柳も吉岡も悲壮感があんまりなかった気がします。

負けたらどうなるとかがいまいちわかんない感じで。実際負けた吉岡も最後はあっけらかんとしてますし。
そのペナルティ的な部分にもうちょい楊夫妻をかませてもよかったんじゃないでしょうか。



しかし、それでも僕はこの作品は素晴らしいと思います。

何といっても、キャラクターと闘牌が非常にリンクしているんですよね。
吉岡は吉岡の麻雀だし、青柳は青柳の麻雀で、寺田・ロバートも・・

当たり前のようですが、これ、なかなかできないことなんですよ。

例えば、「兎」。
作品自体を批判するつもりはないんですが、あれだけ超能力を前面に押し出しても、もはや全員同じような麻雀にしか見えなくなっています。
(違うのはジャッカルぐらいですかね)

ギリギリ現実的なラインの闘牌でここまで特色を出せるのは本当にすごい。

押川先生の作品は、「奇手」が少ない。
奇手っていうのは天牌の新満さんのような手順ですね。そこそこトリッキーなことをやっても、超能力のようにまるで逆を打つ手順や放銃回避というのはない。

それが美しいなあ、と個人的には思うのです。





ちょろっとレビューっぽいことを書いてみました。
自信をもっておすすめできる麻雀漫画です。
スポンサーサイト

麻雀プロへの挑戦状

2010年06月26日 01:58

つり

そんな壮大なテーマの記事を書く余裕ありません。
日本!日本!日本!日本ぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!日本日本日本ぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!本田圭佑たんの強烈な無回転シュートをクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!ジャブラニモフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
前半17分の本田たんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
腕時計左右にしてて良かったね本田たん!あぁあああああ!かわいい!本田たん!かわいい!あっああぁああ!
前半30分にも追加点が入って嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!

(中略)


ううっうぅうう!!俺の想いよ日本代表へ届け!!南アフリカの日本代表へ届け!


というわけで寝不足です。50時間ぐらい起きてる。
そしてそんな状態で鬼打ちを敢行した結果、驚くほど自然に七段に降段した。
日本代表が負けていたら3万文字ぐらいの恨み節で更新していたことでしょう。




http://togetter.com/li/31402


twitter上での何切る論争。
何切る自体はどうでもいいんだけど、未だに打点と枚数を掛け算した謎の数値を議論に持ち出す人がいてびっくり。
なぜこの方法がよくない(所謂「期待値」を出すのに不適当な方法、という意味で)のかわからない人は、自分で考えてみるといいと思う。
天鳳関係の知り合いにこういう愚劣なことを言い出す人は殆どいないので、恵まれた環境だなあってことを改めて実感。

鳳凰民と連盟員

2010年06月24日 02:15

よく、
「鳳凰民の言うことだから~」
とか、
「鳳凰民になってから戦術を語ろう」
とかいう文章が散見される。

糞すぎる。

「鳳凰民」なんて、それ自体には何の価値も無い。
鳳凰卓は唯一無二のフィールドだし、何か目標を設定して頑張るというプロセスも素晴らしいと思う。
でも、それとこれとは別の話。鳳凰民というだけでは偉くもなんともない。
長く打ってりゃ誰でも行けるし、ちやほやする意味がわからない。

書きたいことがあったら今書けばいい。
「説得力」なんて独りよがりな指標で、リテラシーのないクズのことなんて考慮しなくていい。
表現することの自由の前には段位も糞もない。嗤う奴は舌を噛み切って死ね。


プロ麻雀連盟にも腹が立つ。
麻雀界をより良くしようという文章がなぜ検閲に引っ掛かるのか。
「会社の悪口を書いたらクビになる」という次元ではない。
雇用関係もなく、プロ連盟で利益を得ているのは一般的な会社に比べてごく限られた一部の層だ。
その一部の層がえられるはした金のために、一つの文章を闇の中へと葬り、どの面をさげて今後活動しようというのか。
「そんなしょうもない理念なんかよりも小金が欲しいんです」
って言ってみろよ。だったら納得するよ。
麻雀しか能がない人生を送ってきた人間の教養の無さと薄っぺらい人間性が透けて見えるようだ。

本気で麻雀界を変えたいのなら連盟なんて辞めちまえ。

法則

2010年06月23日 00:56

天鳳の調子とブログの更新頻度は比例する。
(リアルが調子いいほどブログ書かなくなるってのはあまり自分にはあてはまらない。)
世間では九段様の降段戦で賑わってるようだけど、こちとらそんな余裕ないっすわ。
あそこまでエンターテイメントとして割り切れるのは凄い、っていうか大人だ。
俺があの域に達する時は、多分麻雀自体全くやらなくなっていると思う。


今更ながらツイッターが面白い。
俺は麻雀関係ではあまり長文を書かないので、非常に使いやすいものになっている。
ブログ書こうって思ったのも、クジラさんが出てるからだし。
それに対するレスポンスも、ブログやSNSのと大差ないし。
何より、気楽だ。必ずレスしなきゃ!という感じでもなく、フォローするかしないか、も緩い。
距離感ってインターフェースによって変わるんだなあ、って当たり前のことを改めて実感。


ネットとリアルの人間関係の違い。
ネットでは、「嫌いだけど渋々付き合わなければならない」という人間関係は、リアルのそれに比べて非常に少ない。
(大きな利害関係が生まれにくいってだけだけど)
快適だけど、同時に懐深さみたいなのを身につける機会を失ってもいるのかな、って思う。
とはいえ、俺の場合はリアル・ネットともに結構オーバーラップしちゃっているので、その辺はあまり実感としてない。
よく言われる、「ネットの人間関係をリアルに見られると恥ずかしい」的なのも全くわからない。
麻雀だからかな。或いは、すげえ恥ずかしいHNだったら違ったかもしれない。
「支配者ルシファー」とかじゃなくてよかった。

W杯三昧なので

2010年06月18日 19:11

天鳳あんまり打ってません。だから何なんだよって自分でも思ったけど。

天鳳打つ→適当な画像張る→適当なことを書く

という超簡単な三段活用を断たれた俺に、もはや記事を書く力は残っていないのです。
てなわけで、以下ダラダラ雑文。twitterもいいけど、たまにはこういうのも。


ヘタレmiikoの天鳳記

このブログ、俺は大好きです。
月刊ネットマージャンに登録されているブログの中では最もシンパシーを感じる。文章も、打ち筋も。
ちなみに、俺はフェルナンドトーレス、ロビーニョ、テベスといった面々と同い年です。
「タメの奴がこんなにスターで死にたい症候群」
ではちょっと先輩。生きるって素晴らしいよね!!!!(十二指腸の慟哭を抑えながら)



自らの文章に対する批判に、範囲を指定せず「挙げ足取り」と言うことってお手軽なメタ的反撃だと思う。
ただ、それをやっちゃうと次からまともに相手されなくなる諸刃の剣。
みんな気をつけようね!



先日、某管理人音無さんとスカイプでチャットしていて、月刊ネットマージャンのことについて少しお話した。
ネット麻雀の可能性というか、この内なるコミュニティのエネルギーの活用方法というか、そんな感じ。
とりあえずみんなブログやろう。麻雀界を動かすのはプロ連盟じゃないぜ。
文章を書くことは、自分の考えをまとめることになって絶対有意義だ。



最後に、牌譜検討についての個人的な考え。
牌譜検討は、添削される側のためではなく、添削する側のためにあると考えている。
(される側に全く利益が無いとは言わないが)
他人の牌譜を添削することによって、自分の思考を再確認する作業。

まず自分で検討して、問題点や考察をまとめた文章を作った後に、それを牌譜と共に提出して改めて添削してもらう。
この形式が一番効果あると思う。時間かかるし面倒くさいのが最大のネックなんだけど。
麻雀で勝てない人(上級卓~特上卓下位ぐらいのレベル)は、問題意識がズレている場合が多い。
「この局面は一番大きな失敗だったなー」
と本人が言っている局面が実は大した失敗じゃなかったりする。
添削する側は、その問題意識のズレを修正しないといけない。むしろそれだけでもいいぐらいだ。
微妙な局面の損得の検討にあまり時間を割いても時間対効果比が悪い。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。