スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天鳳名人戦第二期開幕!

2012年06月05日 19:45

チーム対抗戦、ペチョーリン軍団は5位だったそうです。
決勝卓に残れなかったのは残念だけど、あのチーム数の中5位というのはかなりの好成績。
皆さんお疲れ様でした。次回は、出られるならば僕も出て一緒に戦ってみたいです。


さて、天鳳名人戦の第二期が始まりました。
今回のルールは、

名人戦ルール

要するにラスがきつい順位点のルール。
ほんとは順位戦にしてほしかったけど、このルールなら天鳳勢の持ち味も活きるし、悪くないと思う。


今回はASAPIN視点で。


名人戦1-1


789の鳴き三色を見切った八索切り。
東あたりを切るのが無難なように見えるが、これもらしさ。
いきなり九筒チー、というのは彼のバランスではない。
鳴くなら役牌が重なってからで、攻守兼用の役牌を残しつつ手を進める、というプランなのだろう。


名人戦1-2

首尾よく残した東が重なってポン・・なのだが、ちとやりすぎな気もする。
二萬七萬が悪くない、という読みもあるのだろうが、いかにも苦しく見える。
今後この捨て牌にドラを打ち出してくる人はまずテンパイだろうし、そのドラを鳴いたところでこちらはテンパイすらしないのだ。
或いは、牽制か。この仕掛けにどう出るかで危険な相手を見極めるという技もある。
それにしても、安全牌を二つ減らすので、リスキーな感じ。
ワンチャンチートイで張って勝負、の方が自然な気がする。


名人戦1-3

八索を切ったところから一転して中切り。
別にどうということもないんだけど、何か本人なりの基準があるのだろうか。
ハネ満あがった後で王様リーチしたいから・・なんてことは考えないんだろうけど。


名人戦1-4

かなり強気だ。
タラレバだが、(≧▽≦) ならオリを選択しているだろう。
やはり前局のハネ満で気持ちよく・・なってないか。


名人戦1-5


チートイの1シャンテンにとらず。
二筒四筒がかなり良く見えるので、純チャン含みのメンツ手志向か。
適当に絵合わせに入った方が守備的にもいいような気もするけど。


名人戦1-6

やはり純チャンを志向していた、というよりはほとんど形テンだろう。
前回の名人戦では悉く押しつぶされたこの類の応手だが、果たして今回はどうか。
僕は、よく言えば攻守にメリハリのついた打ち手が多いこの対局では、ラス偏重ルールとはいえ段位戦よりも機能しないのではないか、と見ている。
形テンまわりの各プレイヤーの応手は今後に注目したいところ。


名人戦1-7

平面ならタンヤオとチートイを見て九索・・だろうが、三人の現物になっているので受け気味に六萬
このバランスはさすが。


名人戦1-8

チートイ1シャンテンを崩して比較的安全そうな五筒切り。
終盤でど真ん中の無筋2枚+αを切ってやっとこさテンパイじゃこの点数状況だと割に合わん。
というのは頭ではわかるけど実際は欲が出てしまって三筒あたりを切ってしまう。
天鳳位になるための作業ゲームを黙々とこなし、見事達成した彼の真髄、と言っても過言ではあるまい。


名人戦1-9

四筒の先切り。
絶妙なタイミングと言えなくもないが、リスクがないわけじゃない。
淡白に二索打ちでも悪くないかなあ、とか思ったり。


名人戦1-10

これである。隙のスの字もない。
この点数状況でラス目にかぶせる手はない。ツモあがりでも上家と差がつくからOK、両脇からの出アガリなら下も接近するのでなおよし。
天鳳、というか順位戦の基本で、まさに教科書通りの一打。


名人戦1-11

1巡ツモをパスして形テンを維持するチー。
初・中級者はこのテクニックは覚えておいて損はない。


名人戦1-12

なんとなく緩慢な印象を受ける手組み。
僕だったら字牌を溜め込んで受けつつチートイって感じだ。
ギリギリまで前に出ている雰囲気を出したい、という意図があるかもしれないが、工夫次第では字牌を打たなくてもそういうアピールはできる。
テンパイ料が大事な局面でもなく、若干集中が切れたか。


名人戦1-13

・・という印象を一瞬で払拭した。
食い延ばし以外あたらない打六筒で、なおかつ対面と下家への危険牌先打ち。
緻密の一言に尽きる。


名人戦1-14

チートイ嫌いなのかな。
或いはダブ南を重ねたチャンタがよく見えたか。


名人戦1-15

これはどうなのか。
ドラを引くか鳴くだけで満貫~倍満の手に化ける。
なんでもいいから先制リーチを打ちたい局面だから?僕にはそうは思えない。対面からの満直とかおいしすぎる。
五索切りしかないと思う。



案外長くなってしまったので今日は1回戦のみ。
1回戦を見る限り、なんか僕の思ってたASAPINのイメージとちょっとだけ違う感じ。
若干リーチ重視?

2回戦以降は次回。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。