スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天鳳名人戦観戦記3

2011年07月03日 18:48

http://tenhou.net/0/?log=2011062621gm-0009-10011-2895aee4&tw=3

2位 D:Ⓢ福地誠(+14.0) A:ASAPIN(-45.0) B:Ⓟ鈴木たろう(-13.0) C:Ⓟ石橋伸洋(+44.0)


kannsennki3-1.jpg

ポンテン、ASAPINへの先切り効果、いずれも打四筒が勝る。
五筒引いたら思い切ってドラ切っちゃってもいいんじゃないかなあ。

そして、えらそーなこと言ってるけど観戦配信中ではこの局からASAPIN視点に変えていた。


kannsennki3-2.jpg

一見駄リーチだが、下家に自由に打たせない意図があったのだろう。
この半荘のみならず、今後の戦いをも視野に入れている。
ラス目だから、というだけのリーチではない。

kannsennki3-3.jpg

この打四萬、なんでもないようだが福地麻雀を如実に表している一打だと思う。
前局のリーチと思考は似ている。二筒五索引きのリーチを逃すわけにはいかないということだ。
二筒切りが悪いとは思わない。しかし、競りのASAPINに対して厳しく打つという姿勢であればこれ以外に打つ牌はない。


kannsennki3-4.jpg

一撃狙いというのもあるだろうが、發を出させやすくするという含みもあるだろう。
ここで白を手出しすると少しだけケアされると踏んだか。


最終戦は次回。
観戦配信ではこの半荘で眠くなって配信落としちゃった、というのはおいておく。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://citizen0731.blog14.fc2.com/tb.php/108-0af44ea4
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。