スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凛としてマシマシ

2011年12月22日 13:49

いやー、昨日のセカンドはやられました。はめられました。
第一ロッター(上家)・・・・・守備カタメ鳴き少なめ 第二ロッター(対面)・・・・・守備カタメ手役派
第三ロッター(下家)・・・・・守備カタメリーチ率半分 第四ロッター(俺)・・・放銃率大

見事デスロットです。今思うと前の三人、確信犯だったと思う。
知り合い同士みたいだったし(てかよく見る奴らw)、第三ロッターのメガネが俺のSS見た後、前二人とひそひそ喋ってた。
『あいつ、ロット乱しにして恥かかしてやらない?w』
こんな会話してたんだろうな・・・
いつも特南で放銃率大を相手にしてる俺に嫉妬してんだろうな。。
陰険なやり方だよ。正々堂々とリーチで勝負しろよ。
正直ロットタイム(この時間)は心臓バクバクだった。
でも俺は覚悟決めた。この卑劣なやつらに勝負挑んだよ。
ロット乱してつのに恥かかせるわけにはいかないし、一応ここの常連の看板背負ってるしね。
焼け石に水かも知れないけど、一応ダマテンは少な目コール。
三人もさすがよく来てるだけって(あえて常連とは呼ばない)素早いフットワークだった。
やきもきしながら俺も遅れて戦闘開始。タイムラグは5巡近くはあったと思う。
今俺がすべきことは天鳳を味わうことや、ロットリズムを楽しむことではない。
『いかに早くこの手牌を形テンにぶち込むか』これだけを考えた。
結果ですが、なんとか三位に入ることができました。。
あいつらの唖然とした表情は俺の最高のデザートだった。
平常心を装ってさりげなくいつも通りの『ptごちそうさま』とつのに軽く会釈
その時、つのと目があった。
つのの目は少し笑っているようにも見えた。俺もついにつのに認められたかなw

三馬鹿トリオがその後どうなったのは知りません。
しかし一言だけ言わせてもらう。
『勝負する時は相手を選べ』
以上レポっす。チラシの裏すんません。







この前、相棒と二人で地方の天鳳インスパイア系ネト麻に行ったんだけど、久々に酷かった。
ファーストの奴らが妙に仕切ってるんだよね。
チップのおかわりを笑ったり、実力不足の人間のロット乱し放銃にマウスを叩いたり。
で、俺らが東風戦200連戦W全マシを頼むと、
ファースト陣が目を合わせて『あらら、素人が東風なんかに手を出しちゃったよ』っぽい雰囲気。
しかも、小さい声で「回線切ったらギルティなんちゃってw」とか言いやがる。

俺は相棒に「どうする?」 相棒「キレちゃったぞ、と」

実は俺ら本店の天鳳でもファーストの経験があるんです。今はラス番が人材不足っていうか妙にハマってるんすけど。
でも、インスパイア系ネト麻のファーストだからって下には見てません。テンホイヤー is テンホイヤーの精神は大切だし。
ただ、奴らがやりすぎただけで。
けっこうパンチの効いたルールで苦労したけど、ここのファーストの奴らを大外一気ですよ。あいつら呆然w
ただ、相棒のペースもすごい。相棒っつっても、潰し潰される関係なんでライバルでもあるんです。
こっちも気合でスパートかけてなんとか引き分けでした。
これで相棒とは50戦25勝24負1引き分け(相棒が言うには50戦24勝24負2引き分け。このことでいつもケンカになる)

で、家に帰って2ちゃんの雀龍門スレ見たら、『天鳳のラス番の人がうちのDQNファースト蹴散らし、ついでにすごいバトルしてた』とあった。
こらwwww誰だ書き込んだのwwww俺らは自由でいたいんだよwww変なウワサ広めるなww

以上、チラ裏レポでした。頼むよホントに。








さて、今日も行ってまいりましたファーストロット!

ロットマスターとして鳳南の秩序を守ることたびたび、つのもそろそろ俺を認めてくれているはず。
いつ天鳳位認定されるかドキドキの毎日です(おぃw
シャッターオープンとともにログイン、つのにあいさつするが忙しそうで返事は無し。
この媚びない態度にプロ意識を感じるね。
鳳南に全増しコール。 牌を操作しているつのから漂うメルセンヌツイスターの香りが食欲をそそる。
第一ロッター、第二ロッターの前に配牌が置かれ・・・やってまいりました、俺の配牌!
シャキシャキ山盛りソウズにざっと役牌のドラ対子をかけ回し、テュルンテュルンのピンズと孤立字牌をからめ、戦闘開始!

・・・というところでちょっと異変に気づいた。
おや?13枚目の姿が見えない・・・。
ソウズの数え間違いかな?ディスプレイを半回転させる・・・いない。
そうか、字牌に埋もれているのか!マウスを軽く叩く・・・いない。
マンズの仕込みに失敗したのか・・・?と思い両隣のロッター見ると、そこにはしっかりマンズの一通が。
まあいい。このくらいはブレの範囲と言えるだろう。プルプルピンズさえあれば俺は幸福だ。

さて、ソウズをワシワシ裏目り、そろそろ愛しの極太イーペーコーちゃんにご対面・・・w
のはずが、一向にイーペーコーが見えてこない。ていうか、カンチャンが入ってない。44566の形のみがどんぶりに盛られている状態。
なんだこれは・・・俺は何かを試されているのか?つのも向こうを向いたまま、次のロットワークに取り掛かっている。
・・・まあ、これも、ブレの範囲と言えなくもない、か。

結局俺はその山盛りソウズチートイ崩れ小牌から満貫を放銃して席を立った。
「ごちそうさま!」と大きな声で挨拶したが、返事は無かった。


ログアウトした俺はそっと布団にもぐりこみ、そして声をたてずに泣いた。

スポンサーサイト


コメント

  1. 新宿 | URL | -

    Re: 凛としてマシマシ

    9割方意味わからなかったですけどテュルンテュルンのピンズの辺り面白かったです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://citizen0731.blog14.fc2.com/tb.php/123-1ce819ff
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。