スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エビチリ

2012年02月23日 06:30

いいタイトルが思い浮かばなかったので、食べたいものをそのまま書くというピュアな行為に打って出ました。
エビ厨を釣ってるわけではありません。タイトルでエビ厨を釣るって言いたいだけでもありません。


フリー雀荘に行ってきました。
場決めで東を引きました。
誰からも見えない壁際の席を選ぶと中二病確定です。ハサミ上段青テンぐらい確定。
普通にトイレに行きやすい位置を選択しました。


その日は出だしから好調で、3900の1枚が面白いようにあがれました。

一筒二筒三筒四筒五筒赤六筒五索五索七索八索 チー七筒横八筒九筒 ドラ八筒 ロン六索

四萬五萬赤六萬七萬七萬三筒四筒五筒五筒六筒 チー五索横四索六索 ロン四筒

五萬赤七萬一筒一筒二索三索四索 ポン白横白白 ポン南南南横 ロン六萬

初戦をダントツ二着で飾った後は、いぶし銀の三着。
ああ、やっぱり僕は麻雀がうまいんだな、とニヤニヤしていると、対面のおじいちゃんがやおら口を開きました。

「未熟者めが」

聞き間違いかと思った。

「対面の兄さん、あんたは未熟者だ。自惚れるでない」

トラブルを起こしても何も得はない。
ただ、打牌で「わからせる」のみ。

次の半荘、僕に超ド級のテンパイが入った。

四萬五萬赤六萬二筒三筒三筒三筒四筒五筒六筒四索五索赤六索 ドラ四筒

当然の即リーチ。ツモればベストだが、そうでなければ対面から当たりたい。

「通れば追っかけじゃ」

爺さんは五筒赤をツモ切ってリーチを宣した。
かすっている。嫌な予感がする。僕の一発目のツモの盲牌が気持ち悪い。

一萬一萬一萬一筒一筒一筒二筒四筒七筒七筒一索一索一索 ロン三筒


なぜその手で五筒赤切りリーチなのか、と動揺した一瞬の隙を突かれた。
無論、宣言牌以前の問題である。

「おい、三筒は五ま・・!」

そこで自分の手を見ると、

四萬五萬赤六萬二筒三筒三筒四筒五筒四索五索赤六索七筒七筒

和了牌の三筒はおろか、裏ドラに使う六筒まで抜かれている。
爺さんの申告の前に16000点を放り投げた。

それよりも恐ろしいのは七筒のトイツだ。
四枚目の七筒を自由に持ってこられるということは、いつでも四暗刻単騎待ちにできるだけではなく、どんな待ちでも僕を狙い打ちできたということだ。

弄っているのか。いや、むしろ戦意を喪失させるためだろう。
もっと巧妙にやられていたら僕は疑いを持たずにただ負けていたはずだ。

その後も、対面の爺さんは信じられないような和了を繰り返した。


一筒二筒三筒四筒五筒赤六筒七筒八筒九筒五索五索七索八索 ドラ八筒 ロン六索

四萬五萬赤六萬七萬七萬三筒四筒五筒五筒六筒四索五索六索 ロン四筒

五萬赤七萬一筒一筒二索三索四索南南南白白白 ロン六萬


すべて、1,2回戦で僕があがった牌姿だ。
勝てるわけがない。僕はラス半コールをかけた。

「クク、もう終わりか、兄さん。あっけなかったの」

何とでも言え。こんな怪物に付き合う道理はない。逃げるが勝ちだ。

「若いころのペチョーリンに似ていると思ったが、見込み違いだったかのう」


ペチョーリン?


「象は本物を見ろ」

声にならない声。

「わしがな」

わしが。

「ペチョーリンの師匠じゃよ」

どうでもいい。が、一応聞いてみる。

「ぺ、ペチョさんもイカサマできるんですか・・?」

「奴にはイカサマなど必要ない。象は本物を見ろ」

「その、象は本物を見ろって何なんですか。パンダじゃ駄目なんですか。カバじゃ駄目なんですか。なぜ象じゃないといけないんですか」

爺さんは、凄惨な笑みを浮かべた。倒れた。

僕は爺さんの側に駆け寄り、胸倉を掴んで叫んだ。

「おい、象ってなんなんだよ!教えろよ!」

「世界を・・席巻する・・」

「おい、爺さん!おい!」


この爺さんは間違いなくペチョーリン軍団についての極めて重要な情報を持っていた。
なぜ急に倒れたのか、というのもそこに原因があるのだろう。
ペチョーリン軍団とは何なのか。目的は?ルーツは?全てが謎のままである。

携帯の着信音が鳴り響く。
爺さんのポケットからだ。


僕はその携帯を手に取った。


to be continued・・・
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://citizen0731.blog14.fc2.com/tb.php/132-2db3ce54
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。