スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名人戦第二節

2012年08月03日 21:06

お久しぶりです。
って毎回記事書くたびにこんなこと言ってる気がする・・

惰性で名人戦のエロ画像張ります。
今までは特定のプレイヤー視点だったのですが、応援したいプレイヤーもいないし今回は全体視点で。


83-1.jpg

真っ向勝負!
無筋3つ押すのってきつくない?と言えなくもないけど、
天鳳位なめられてない?とも思ってしまう。
真相は闇の中(ってことにしておく)


83-2.jpg

気合不足。
普通にいらない&ワンチャンスの二索を切ればいい。
ソバテンだから、とか考え出すと負けちゃうゲームだと思う。


83-3.jpg


ここも気合不足。
二索を切ればいい。
七筒とかで紛れが起きるかもよ。


83-4.jpg

ハイテイずらしでツモられる。
結果論・・と言ってしまえばそれまでだが、もう少し考えてみる。
西家は、かなり苦しいベタオリorテンパイと考えられる。
西家までツモを回すと、ハイテイの1ファンよりも自分の期待順位が下がりそうな気がしない?気のせい?


83-5.jpg

一見、不自然な手組みに見える。
こういうときは、なぜ二萬一索を残したか、ということに思いを馳せてみる。
下家がドラ表示牌からの切り出しで早そう、ということで現物を残しつつチートイ、ないしはホンイツ気味の進行、ということだろう。。
まして、愚形残りで2フーロ以上濃厚、とくればリスクは更に大きくなる。
自然ではないが、この打八萬は「安い」「愚形」「リスキーな手組み」のいずれのリスクも軽減する打牌で、味があると思う。


83-6.jpg

ドラ1良形、当然のリーチ・・に見えるが、
残念ながら既に出遅れ気味である。
仕掛けた二人はかなりテンパイっぽいし、親も不気味すぎる。
ぶつけるのに見合ってない手だと思う。


83-7.jpg

受け入れ増えるから当然ポン・・に見える。
でも、下家と親のケアを考えたら、安全そうな牌をごっそり消費するほどの形じゃない。
五索ないんだしカン四索でも勝負になると思うよ。

83-8.jpg

ブラフ。
局面的には、やらないよりはマシかな・・って程度だけど、これを「見せる」ことに意味がある。
今後の布石って感じなのかな。


1戦目はこんな感じ。
気が向いたら2戦目以降も。
スポンサーサイト


コメント

  1. | URL | -

    Re: 名人戦第二節

    2戦目以降も見たいなー

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://citizen0731.blog14.fc2.com/tb.php/145-8a6c4f79
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。