スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼットンさんとバルタンさん Ⅶ

2010年05月19日 01:43

鳩サブレが河に置いたのは八筒だった。

マンズで放銃するイメージと、逆にソウズを狙われているのではないかという疑心暗鬼のループ。

一種の錯乱状態だ。幻覚症状と被害妄想が入り混じる。

そもそも、青島の降段戦は本当にそのような牌姿だったのか。

前局のハネ満も本当にテンパイしていたのか。

開局のハネ満も本当にあがっていたのか。

これは本当に麻雀というゲームなのか。



これは、本当に自分の眼で見ている世界なのか。


下家のバルタンの手が静かに倒された。

三萬四萬五萬一筒二筒三筒四筒五筒六筒七筒九筒九筒九筒 ロン八筒














「と、こうして天鳳で不正を繰り返していた『ハイジクリーミー』は仇討ちにあったのだ、と。」

「こんなイメージビデオが不正の抑止力になるかねえ?」

「まあ、何もしないよりはマシでしょう。」

「ところで、このビデオさ、妙にリアリティがあるんだけど・・」




先ほどまでプレゼンをしていた双子と思しき二人の男は、鈍い光を湛えた目を細めた。

「フィクションですよ。フィクション・・・」
スポンサーサイト


コメント

  1. すずめ | URL | -

    色々と想像をかきたてられます。
    不正、ダメゼッタイ

  2. citizen0731 | URL | -

    最後まで読んでいただきありがとうございます
    無駄に血なまぐさい話にしてしまったのでなんだか色々あれです(´・ω・‘)

  3. メカゼットン | URL | -

    お疲れでしたー。
    今度は交代制で一話ずつやりますかー。

  4. citizen0731 | URL | -

    交代制とかさらにきついような(´・ω・`)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://citizen0731.blog14.fc2.com/tb.php/22-d12c18c6
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。