スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーチ判断

2010年05月22日 12:58

3sjpeg

少し前の実践譜。結構興味深い。

「上家から出ればトビ終了だしリーチ」
「親に6000オール引かれたらまくられるしリーチ」
「手変わりないからリーチ」
「役なし6400だからリーチ」
「赤血球とかが欲してるからリーチ」

そんな幻聴が聞こえてくる。


リーチして上家から出ればトップ終了だが、この場合のアガリ逃しというのは、
「リーチしていたとしても、ドラの三索を打たれる」
という条件だ。

さすがにこの点差(6900差)で自棄にはならない。そうそう出てくるまい。
そもそも、この待ちで「出あがりできないからリーチ」という理由はちょっと弱い。

「いや、このリーチで相手が降りてくれれば・・」

3,4位が降りることは自分にとって喜ばしい状況ではない。
むしろ親を蹴ってほしいんだから。

親はあまり降りないはず。打っても降りても大体2着だし。
滅茶苦茶な手なら降りることもあるかもしれないが、その場合はダマにしていても殆ど終局時の結果は同じだろう。

「いや、手変わりないし・・」

だから何?としか言いようがない。
「手変わりがない」というのはリーチ判断のほんの一部の要素でしかない。


このリーチは、僅かな素点上昇と紙のように薄い飛ばし終了のために、親と一対一の局面を作り出す危険を孕んでいる。
しかも、親は下位二人から12000をあがれないのだ。自分さえガードしていればほぼツモ専の状況と言っていい。


3,4位が既に仕掛けていたりすれば更にダマテンが有利となる。
「早そうな」捨て牌でも然り。リーチは言うまでもない。


逆に、守備力に難があり、危機察知能力が低い人はリーチした方がいいと思う。
上に書いたことは、「自分が打たないこと」を前提としているから。

また、この場では上家が明らかな手順ミスをしている。(厳しいことを言えば対面も)
下位の二人の和了速度が遅いと、自然と親のチャンスも増える(親もモタモタするかもしれんけど)
メンツのレベル次第では、リーチが有利になることもあるかもしれない。
親がリーチにベタ降りしたり、上家が切れ打ちしてドラを切ってくることも考えられるから。

自分自身も、この時は
「親が間違って降りないかなー」
とかなめくさってリーチしたんだけど。

鳳凰卓ならかなり損な選択じゃないかな、と思ったので記事にしてみた。
スポンサーサイト


コメント

  1. おず | URL | -

    天鳳の特上・鳳凰だと、トップ目ならたとえ微差のトップ目であっても「枚数が少ないから・リーチしないとあがれないから」の理由でリーチよりも、「オリの選択を残せるから」の理由でダマの方が大概の状況で有利だと思ってリーチしないことが圧倒的に多いんですが、議論の場でそれを言うと一笑に付されることも多いんですよね。トップ目はとにかく固く行った方が天鳳の配分だと有利だと思うんだけどなあ。

    上卓だとどうなんでしょうね。市民さんが昔言ってた「上卓はある程度ラフに打った方が楽に抜けられる」みたいなことが結構感銘を受けた記憶があります。

  2. おず | URL | -

    トップ目なら→残り局数が少ないトップ目なら
    枚数が少ないから→手変わり枚数が少ないから
    みたいなことが→みたいなことに

    でした(´・ェ・`)推敲せずに書き込む癖を直さないと‥

  3. citizen0731 | URL | -

    >おず
    何でもリーチ系の元締めって、順位戦のオーラスダントツで
    567m113445p45668s
    こういうの曲げちゃうレベルの人だから、全然信用してないわw

    上卓は押さえつける意識が高い方が楽だと個人的には思ってるけど、どうなのかねえ(´・ω・`)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://citizen0731.blog14.fc2.com/tb.php/25-d661a1ec
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。