スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人読み

2010年05月30日 23:47

2010053023gm-00a9-0000-2eb65de9tw=2ts=5.jpg

三索をチーして中切り。
点数状況的に微妙なんだけど押してみた。

この下家の人は、交流こそほとんどないんだけど、おそらく天鳳通算でベスト3に入るぐらい対戦している。
手を変え品を変えの、多彩な攻撃が持ち味の打ち手だ(多分)

ブラフ気味の仕掛けも割と多いので、ノーテンの可能性を比較的多めに見積もって押してみた。
実際、どっちがいいんだかよくわからない。



人読みは、一見色々戦略性があって楽しそうなんだけど、実際はほとんど役にたたない。

「あいつは愚形リーチが多いから押してみよう」
とか、
「あいつはすぐベタ降りするから押さえつけよう」
とか言う人ってよくいるけど、99%非論理的な思考で、稚拙な戦略だ。
そもそも、致命的な癖があるレベルの打ち手など、放っておいても自滅していくだろう。


人読みは、麻雀の選択で最後にすがる部分だ。
サッカーで言えば、ビハインドで迎えたロスタイムにキーパーが相手陣内に攻め上がるようなもの。

守備型とか攻撃型とか、メンゼン型とか鳴き型とか、そんな分類は糞の役にも立たない。
自分は本当に相手の麻雀の性質を知っているのか?そもそも、自分の麻雀観は正しいのか?


何回も同卓して、牌譜を何回も見直して、その上で相手の麻雀の傾向がどうこうって言うならいいと思う。
俺は、鳳凰卓でよく対戦する打ち手は必ず一定数観戦するし、牌譜も見直す。


それすらやらない人が、人読みとかちゃんちゃら可笑しい。
リアル麻雀で、相手の後ろ見をして研究してる人ってほとんどいない。
そのくせ妙に自信を持ってるのが理解できない。

大事なことだからもう一度言うけど、稚拙な人読みを得意顔で披露する馬鹿は死ね(マホカンタとなって自分に)
スポンサーサイト


コメント

  1. めそぉい | URL | -

    麻雀って複数人でやるものですし、人読みって細かい部分以外で利用が難しそうです。自分の都合ってものが大事な場面多いですし。
    細かい部分で差がでるゲームだと思うので、研究はすべきなのでしょうが優先度は高くなく、多くの場合(人)は他の部分煮詰めるべきってことですかねぇ。

  2. 巷の打ち手 | URL | -

    「笑い方がムカつくからゼンツ」
    「なんかいい匂いするからノーケア」

  3. citizen0731 | URL | -

    めそぉいさん
    人読みって二段階の障害があると思うんですよね
    相手の麻雀を正しく把握できているかって問題と、その上でその対処法は本当に正しいのかって問題。
    個人的には、本当に超微妙な局面で気休め程度にしか使いませんけどねえ。

    巷さん
    下の理由は食虫植物とかにやられそう(´・ω・`)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://citizen0731.blog14.fc2.com/tb.php/32-a2ae10ad
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。