スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯三昧なので

2010年06月18日 19:11

天鳳あんまり打ってません。だから何なんだよって自分でも思ったけど。

天鳳打つ→適当な画像張る→適当なことを書く

という超簡単な三段活用を断たれた俺に、もはや記事を書く力は残っていないのです。
てなわけで、以下ダラダラ雑文。twitterもいいけど、たまにはこういうのも。


ヘタレmiikoの天鳳記

このブログ、俺は大好きです。
月刊ネットマージャンに登録されているブログの中では最もシンパシーを感じる。文章も、打ち筋も。
ちなみに、俺はフェルナンドトーレス、ロビーニョ、テベスといった面々と同い年です。
「タメの奴がこんなにスターで死にたい症候群」
ではちょっと先輩。生きるって素晴らしいよね!!!!(十二指腸の慟哭を抑えながら)



自らの文章に対する批判に、範囲を指定せず「挙げ足取り」と言うことってお手軽なメタ的反撃だと思う。
ただ、それをやっちゃうと次からまともに相手されなくなる諸刃の剣。
みんな気をつけようね!



先日、某管理人音無さんとスカイプでチャットしていて、月刊ネットマージャンのことについて少しお話した。
ネット麻雀の可能性というか、この内なるコミュニティのエネルギーの活用方法というか、そんな感じ。
とりあえずみんなブログやろう。麻雀界を動かすのはプロ連盟じゃないぜ。
文章を書くことは、自分の考えをまとめることになって絶対有意義だ。



最後に、牌譜検討についての個人的な考え。
牌譜検討は、添削される側のためではなく、添削する側のためにあると考えている。
(される側に全く利益が無いとは言わないが)
他人の牌譜を添削することによって、自分の思考を再確認する作業。

まず自分で検討して、問題点や考察をまとめた文章を作った後に、それを牌譜と共に提出して改めて添削してもらう。
この形式が一番効果あると思う。時間かかるし面倒くさいのが最大のネックなんだけど。
麻雀で勝てない人(上級卓~特上卓下位ぐらいのレベル)は、問題意識がズレている場合が多い。
「この局面は一番大きな失敗だったなー」
と本人が言っている局面が実は大した失敗じゃなかったりする。
添削する側は、その問題意識のズレを修正しないといけない。むしろそれだけでもいいぐらいだ。
微妙な局面の損得の検討にあまり時間を割いても時間対効果比が悪い。
スポンサーサイト


コメント

  1. miiko | URL | -

    「タメの奴がこんなにスターで死にたい症候群」ですかwまさにその通りですw

    確かに文章に残すことは凄く有意義ですよね。自分がどういう判断で行動してたのか、そういったものを残しておくとブレた時にも参考になりますし。

  2. citizen0731 | URL | -

    miikoさん
    自分のために文章を書くっていう習慣が全くない人は、どうやって自分の考えをまとめているのか気になります(´・ω・‘)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://citizen0731.blog14.fc2.com/tb.php/42-369285a6
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。