スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5 second rule

2010年11月06日 04:15

今、鳳東が熱い。そうでもないか。


鳳東


鳳東レンジャー。




もっとも、今更鳳東での最適戦術云々の話をするつもりはない。
負けてるし。

僕は、鳳凰卓に上がるまでは特東を打つことを勧めている。
理由は2つ。

1つは、「東風戦のラス回避に慣れていない打ち手が多い」こと。
ちょっとしたコツを覚えれば特上でのラス率は激減する。中長期での20%切りは比較的容易だと考えている。
これはいつかブログに書こうと思う。

もう1つは、これが本題なのだが「5秒という制限時間に慣れていない打ち手が多い」こと。


2010110602gm-0681-0000-ffdd1cdatw=3ts=3.jpg


画像の局面。
この六索が出てからチーするかどうか考えるのは遅すぎる。

この1シャンテンになった瞬間に全ての関連牌への対応をあらかじめ考えておかなければならない。
1シャンテンの関連牌など、どんなに多くても10種程度だ。
そして、刻一刻と変わる場況に応じて微調整していく。

これが5秒を有効に使うコツだと思う。

「いやいや、時間切れで変な牌飛んでくのなんて数試合に一回でしょ、対して影響ないって・・」

と思った人は甘い。
10試合に1つ着順を下げたら平均順位は0.1変わる。
長期の平均順位が0.1違うことがどれだけ重大かということは周知の事実だろう。

「準備力」。

難解な何切る問題のような手が来たとき、「時間をかけずに切る」というのが最も期待値の高い現実解になりえる。


おまけ
雀荘戦での一コマ


2.jpg


テンパイした瞬間はツモ・直に賭けようかと思った。
トップ偉いし、まくれないアガリしたら次局が少々きつい。

3.jpg


このポンで「もう見逃す余裕はないな」と路線変更。

スポンサーサイト


コメント

  1. サバエブ | URL | -

    昨日はたいぶ貢いだけど、この借りは必ず孵してもらいますからね。。。

  2. citizen0731 | URL | -

    サバエブさん
    いつでも待ってます!
    でも僕も言うほど勝ててません!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://citizen0731.blog14.fc2.com/tb.php/69-68219a56
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。