スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代麻雀の根幹を揺るがす戦術その2

2011年06月05日 21:27

「石川梨華が好きな奴は童貞」
とかいいながら、高校の友人といつものモスバーガーに入った。
メニューに一瞥もくれず、「チキンバーガーです、すいません」と言い放つ僕。

店員さんの反応が鈍い。
「いや、チキンバーガー。ティキン。」
と、間違った発音と恥を上乗せして再度注文。

「すいません、チキンバーガー、終わっちゃったんですよね・・」


オワッチャッタ?

何を言ってるのかわからなかった。なんならロシアの地名かと思った。
「そっかぁー、おわっちゃったのなら仕方ないな、チキンバーガーチキン抜きで!ってなんでやねーん!」
という面白リアクションを取ろうとしたが、店員さんの鎮痛な表情から、事態の深刻さを悟った。

すっかり取り乱した僕は、友人に
「あのさ・・2駅先のモスに移動しない?」
と提案。「クラスで最も好かれてる人」ランキングで2位の座に輝いた友人だったが、当然あっさり却下された。
「ライスバーガーとかもおいしいよ、試してみろよ」
とか言われたのでスパイシーチリドッグを注文したのだが、味なんてわからなかった。


家に帰って、布団に倒れこんだ。
枕に顔を埋め、全身の水分を振り絞って泣いた。
もうチキンバーガーとは会えないんだ。僕はこの先ずっと一人ぼっちなんだ。
慟哭は夜明けまで続き、大きすぎる喪失にただ絶望を覚えるだけだった。



チキンバーガーを失った僕は、大学受験に失敗し、空白の期間を無為に過ごしていた。
手慰みにマクドナルドのチキンタツタやロッテリアのチキンバーガーにも手を出してみたが、虚しさを増幅させるばかりだった。

(何が違うんだろう・・)

思い出は美化されるものではあるが、それにしても違いは歴然としている。
その答えを見つけるために、僕は一人の男のもとへ足を運んだ。

to be continued・・
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://citizen0731.blog14.fc2.com/tb.php/99-9b44b9bc
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。