スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

批判

2010年06月13日 12:29

http://reachmahjongisgood.blog23.fc2.com/blog-entry-123.html

昨日、twitter上でちょっとだけ話題にあがっていた記事。
要するに麻雀プロ周りの世界をマネジメントするには云々って内容。

超根本的な部分では同意だ。
麻雀プロの世界に最も必要なのは中長期的な経営戦略だと思う。

でも、それ以外の95%の文章には違和感ありあり。
アラ探しみたいな書き方になってしまうが、ご了承願いたい。


>さて、忘れてはならないもうひとつのマジョリティー顧客:連盟員。連盟員が、より連盟を尊敬し、利益をもたらしてくれるようにするにはどうすればいい?ということになりますね。

「麻雀界全体の話をしていたはずなのにいつの間にか連盟限定の話になっている」

という突っ込みは本質的な問題ではないのでやめておきますが、それを差っぴいてもなんだか。

そりゃ、そうだw 俺だって、周りの人が俺のことを尊敬してお金をくれれば嬉しいですよ。
連盟に対して利益をもたらさせるのは必要だが、その原動力はもっと別のところにあるべきだ。
早い話が、頑張ればお金もらえるっていうシステムの構築。
プロとして何がやりたいかとか言われても困る。
基礎体力の部分に触れていない話は夢物語の域を出ていない。


>プロ試験の面接は企業面接に酷似しています。

似てないw 
連盟員の年会費で運営しているマッチポンプ状態が続く限り、企業面接の性質とは全く違う。
入ってくれるだけで利益になるし、誰をとろうがそれ以上の利益はほとんど望めないから。


>ただ率直に思いつくのは、射幸心だと思います。

範囲が広すぎる。人生は射幸心によって満たされる、とか言われてもああそうですか、てなもんだ。
そして、その後の部分はおそらく見当外れな考察だ。
現在のプロの対局は大部分がネームバリューによって支えられている。
極端な話、麻雀の内容などほとんど意味はない
麻雀の内容からくる射幸心の影響は、残念ながら微々たるものだ。
ただ小島武夫が、土田浩翔が、荒正義が打っているということが重要なのだ。
内容に興味を示すのは一部の麻雀マニアだけ。
連盟員も多分にもれず麻雀マニアなのだろうが、その視点から離れることも大事だ。


>なので、無駄にイケメンやかわいこちゃんを揃えてメディアに出すだけでは、本当の改善には繋がらないと思います。

これも一緒。「本当の改善」というのがどんなものかわからないけど、どことなく大上段なマニア視点の嫌味を感じる。
そもそも、将来的な顧客を麻雀マニアに限定してしまう前提が脆すぎると思う。
現状の顧客が麻雀マニアのみ、という考察はいいと思うけど。


>私みたいな、大会で成績を残すとかあんまり考えていなくて、麻雀普及活動に幅が広げられるからというちょっと変わったケースもありえます。

まあ、別にいいんじゃないでしょうか・・・
実際問題、「大会で成績を残すとかあんまり考えていない」という人を誰が応援したいと思う?というのは置いておく。



最後に。これ、連盟の人はこの人の文章を見ているのかな。
かつてのジャス家の人は、ちょっとした愚痴みたいな感じだったしまあ見せられんよね、と思ったけど、これは全然ありなんじゃ?
それとも、この程度の文章にも検閲がかかってしまうのか。北朝鮮かよ。

麻雀のルールは複雑?

2010年06月06日 22:25

「麻雀覚えたいんだけど難しそうだからできな~い♪」

という人は少なからずいる。ちなみに、この台詞を俺に向けて吐くときは自らの性別を鑑みて十分注意してください。
生物学上雄に分類される方に対してはロシアの刑務官のようなリアクションをすることでしょう。

麻雀のルールは複雑なのか。
これ、実はよくわからない。他のゲームと比べてもピンとこない。
真空波動拳のコマンドと点数計算はどっちが複雑なのか、とかね。例え下手。

ただ、もっと単純化できる余地があるのは間違いない。
点数計算は大幅に簡単にすることができるだろうし、なんなら手役だって削れる。

究極に単純化した、2種類の牌しかない麻雀とか凄そう。
ドラゴンボールで言えば終盤の超サイヤ人のように、スーカンツが気楽に登場する時代の到来。
スッタンの価値なんてペプシバオバブ味よりカス。ドラをめくる運動エネルギーとか120%無駄。


ルールを簡単にすれば新しく麻雀を始める人は増えると思う。
麻雀界をビジネスモデルとして捉えている人がそのように主張するのは当然だ。

ただ、麻雀にのめり込む人って、麻雀の「小難しさ」に魅力を感じた面もあるんじゃなかろうか。
困難を楽しむ的な。あんまり麻雀にのめりこむと私生活で逆転現象が起きるんだけど。

手役が100個ぐらいあっても麻雀を覚えようとする人はいるんじゃないか。
そして、一回覚えてしまえばそこそこ複雑な方が選択肢や戦略が多くて面白い。

麻雀を女の子に教えるだけでお金もらえる国家資格とか欲しい。やっぱりいらない。

天鳳ブログの書き方を考察してみようの巻

2010年05月28日 21:23

http://magazine.mahjong-rule.com/colmun01.html

http://blog.livedoor.jp/konokey/archives/2010-03.html#20100327

このあたりにも書かれているんだけど、

「新しく天鳳ブログ始めたいんだけど、何書いていいかわかんな~い☆そして色んな人に見られた~い☆」

っていう女の子に対して、僭越ながらいくつかアドバイスしてみたいと思います。男?勝手に好きなこと書けよ。
あと、これを実践してもちょっとしかアクセス数増えないと思います。
天鳳系ブログとかそんなもんです。



1・画像をうまく使う

文章だけのブログは、相当文章がうまくないと見向きもされません。
何を隠そうこのブログもその状態に片足突っ込んじゃってるんだけど。

写真やら、漫画やら、天鳳の画像やらをうまく使って、視覚的に注目させることが大事。
その際、画像の数が多すぎないようにすること。
個人的には、天鳳の画像が3個以上並んでると見る気が失せます。
(自分の集中力の問題は完全に棚に上げておく)

ちなみに、このブログの天鳳の画像(windows版)は縮尺75%、サムネは600×457で使ってます。
いちいち別ウインドウで見る手間をかけさせないことと、それでも見にくい人には最大化もあるよ、的な感じです。

2・コメントしやすい感じにすること

「これ、何切りますか?」
方式が手軽ですね。一定数の人はコメント返してくれます。
他人のブログでURLつけてコメントしたりしてると、少しは輪が広がると思います。
「天鳳は基本的には親にあがらせないゲームですね」
なんて、謎の大上段&根拠が漠然とした断定はコメント返しにくいですね。
コメントするためにブログを読んでいる人も少なからずいるので。あ、僕のことです。


3・月刊ネットマージャンに登録する

このブログも大半は月刊ネットマージャンからのアクセスです。
確実にアクセス数は伸びると思われます。

4・更新しまくること

更新しないブログは期待されなくなるので、ガンガン更新しましょう。
ブログ始めようとか、高い確率で暇人でしょうから、今のうちに記事を書きだめておくといいと思います。

5・キャラクターを作ること

何でもいいんじゃないですかね。
一番わかりやすいのは強者キャラですが、これは成績の裏付けがないと殆ど無理なので厳しいです。
麻雀好きな大学生の兄と中学生の妹のキャラとか面白いんじゃないですかね。どうですか?このアイディア
(※怒られたら自己責任にてお願いします)
「いじられやすい」キャラもやりやすいですね。「こんなミスしちゃったテヘヘ」みたいな。




うん、なんか上に張ったリンク先の内容を丸パクリしたような感じだ。
そもそもこのブログ自体結構タブーっぽいことやってるし。


結論

好きなこと書いたらええねん!!!!!

壁紙

2010年05月19日 18:19

koko.png
twitterの壁紙を変えてみた。
はじめちゃんにツイートをガン見されてる感を出したかったけどいまいち。

天鳳の方は、2半荘に一回ぐらいのペースで机にパンチしながらなんとか打ってます。
パプアニューギニアあたりの呪術に匹敵するぐらい同卓者を愛してます。
みんな仲良くしてね(と、遠い目をしながらエクトプラズムを漏らす)

最近の鳳南はぎりぎりまで押してくる人が多い。
ガードしてるだけでは捌ききれないので、自分でも打って出ないとジリ貧で負けるような気もするが、
別にそんなことない気もする。自分の苦手な展開は多めに錯覚しているかもしれないし。

相手の圧力による凡ミスを減らすようにしたいので、自分の型を意識して打っている。
有効でないと感じたらどんな形でも鳴かないし、点棒の並びを常に考慮して、他家を使う余地を探している。

選択の連動性をスムーズにして、場に適応する作業をしないとどんなフィールドでも勝てない。
勝っても負けても無駄な局はない。

選択の連動性についてはこの記事でも取り上げたが、微妙な局面を「点」として見てもわからないことの方が多い。
リーチするかしないかという問題でも、その選択の優位性は打ち手の守備力に依存する。
守備力に難のある打ち手は、ダマテンの「A級危険牌を引いたときに降りられる」という恩恵を享受できないからだ。

A→Cという選択なら70点だけど、A→Dなら30点、B→Eなら40点だけど、B→Fなら75点、みたいなね。
局面毎に49対51の51を選ぶってアプローチは失敗しやすいと思う。20:80を間違えるのは駄目だと思うけど。

何切るに必要な能力というのは雀力の一部にすぎない。
牌譜を何個かざーっと流して読むトレーニングは有効だと思うが、人数を集めての検討には向かない。
自習あるのみ。

名無しさん

2010年05月14日 20:05

ブログのコメントとかで、「通りすがり」って即席HNを使う人が嫌いだ。
なんだよ、その微妙なアピール。ただの名無しと何が違うんだ。
何、若干特別扱いされようとしてんだと。

俺は、別にネット上で実名を出すべきだとは思っていない。
完全匿名ならではの面白さというのは存在するとも思っている。

しかし、何かモノを作る時に「名無しさん」と協力しようとは思わない。
だから、あまり真面目に議論する気もない。
名無しさんと議論して高揚感を覚える人もたまにいるけど、俺にはそういう性癖はない。

人物と意見がある程度一致して、その上で批判されたり同意を得たりする方が、自分の成長を促すと思う。
「名無しさん」は客観視という名の自己との乖離に走りやすい環境だし。

だから、俺は何か意見をするときは天鳳IDぐらいは公開するべき、というスタンスです。
何段だから発言力がどうこう、という低次元な話ではなく、あくまで自分の成長のために。

せっかく2chから外に出てるのに、「名無しさん」とか、「雑スレ○○」とか、
そういう9割完全匿名的なHNをつけちゃうのはちょっと勿体ないと思う。

配信の牌譜検討とか、掲示板の何切るとかも、積極的にHNを出して発言すべきだ。
そこで段位を持ち出して煽ってくる愚鈍な奴の叩き方は誰かに聞いてください。


あと、何切るで「相手の手牌を隠せ」って言ってる人が嫌い。
面倒臭いわ。自分で牌譜を見る時のことを考えろと。

「手牌を開けるとみんな放銃しない牌を選ぶからフェアではない」

とか本気で思ってたら天才だと思う。
臨場感が云々の話なら、知ったことかって話だし。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。